大阪美容皮膚科選ぶコツ

TOP » アンチエイジングなら大阪の美容皮膚科 » 注射でアンチエイジング » ベビーコラーゲン

ベビーコラーゲンが受けられる大阪の美容皮膚科

ベビーコラーゲン治療ができる
大阪の美容皮膚科

大阪の美容皮膚科で受けられるベビーコラーゲンの治療例を紹介します。ベビーコラーゲンは、肌のハリを取り戻す効果が期待できる、人気の美容施術の一つです。

聖心美容クリニック 大阪院

聖心美容クリニック 大阪院のベビーコラーゲン治療の詳細

ベビーコラーゲンは、加齢が進む減ってしまうIII型コラーゲンを効率的に肌へと取り入れ、美しいハリを与える効果が期待できる施術です。赤ちゃん肌成分とも言われている、III型コラーゲンとI型コラーゲンを極細の針で注入します。従来のコラーゲンはI型が多く配合されていましたが、それよりもIII型の比率が大幅にアップ。より赤ちゃん肌に近い割合になりました。注入後は、見た目がなめらかになるように注入部位をマッサージして整えます。

■治療の流れ

無料カウンセリング→極細針で注入→なめらかになるように注入部位をマッサージ→帰宅

■所要時間

15分~30分程度

■治療費

127,440円(税込)

聖心美容クリニックの公式サイトを見る

聖心美容クリニックに電話で問い合わせる

聖心美容クリニック 大阪院についてもっと詳しく見る

湘南美容クリニック 大阪梅田院

湘南美容クリニック 大阪梅田院のベビーコラーゲン治療の詳細

ベビーコラーゲン(ヒューマラジェン)は、肌のみずみずしさと弾力を保つコラーゲンを注入して、小じわを改善しみずみずしい肌へと導く施術です。使っているのは、「ヒューマラジェン」という世界で唯一のヒト由来コラーゲン注入剤。一般的なI型コラーゲンと、細網線維と言われるIII型コラーゲンを同じ比率で配合し、安全性を高めるとともに施術の簡易化を実現しています。従来のコラーゲン注入ではアレルギーテストが必要でしたが、ベビーコラーゲン「ヒューマラジェン」はリスクが低くテストも不要。より気軽なコラーゲン治療が可能となりました。組織再生効果が高いIII型コラーゲンたっぷりなのに、リーズナブルな価格も魅力です。

■治療の流れ

お悩み相談→無料カウンセリング(ドクター)→無料カウンセリング(カウンセラー)→施術→アフターケア

■所要時間

公式サイトに詳しい記載がありませんでした。

■治療費

1本 86,400円(税込)

湘南美容クリニックの公式サイトを見る

湘南美容クリニックに電話で問い合わせる

湘南美容クリニック 大阪梅田院についてもっと詳しく見る

ツツイ美容外科

ツツイ美容外科のベビーコラーゲン治療の詳細

I型コラーゲンとIII型コラーゲンを1:1で配合した、世界で唯一のヒト由来コラーゲン「ヒューマラジェン」を使用しています。小じわ対応のベビーコラーゲンを気になるところにダイレクト注射できる施術で、目元や口元の細かいシワの改善に効果的です。0.5CC単位で購入して半年保管できるシステムで、お得に受けられます。さらに条件次第ではモニター募集を活用してさらにお得になるチャンスも。

■治療の流れ

公式サイトに詳しい記載がありませんでした。

■所要時間

15~30分程度

■治療費

0.5CC(半年保管)54,000円

ツツイ美容外科の公式サイトを見る

ツツイ美容外科に電話で問い合わせる

ツツイ美容外科についてもっと詳しく見る

ベビーコラーゲン

みずみずしい赤ちゃん肌を作る「III型コラーゲン」を注入

ベビーコラーゲンとは

ベビーコラーゲンはコラーゲン注入療法のひとつですが、赤ちゃんの肌に豊富に含まれているIII型コラーゲンを50%含む特殊な液剤を使用するのがポイントです。III型コラーゲンは肌の再生をグングン促すため、目元や口元のしわ・ほうれい線・首のしわなどが出てきた大人の肌でも、まるで赤ちゃん時代を思い出したかのようにハリを取り戻します。

コラーゲンを直接注入

赤ちゃんのお肌には、肌に弾力やハリを与える「I型コラーゲン」と、I型の働きをサポートする「III型コラーゲン」がおよそ50%ずつの割合で存在していますが、III型コラーゲンは成長と共に減少し、成人になる頃には5%程度にまで激減してしまいます。これまでのコラーゲンを体に取り入れる治療法では、「I型コラーゲン95%、III型コラーゲン5%」の割合のものを使用するのが普通でした。

しかし最近の研究で、III型コラーゲンには傷の治癒を促し皮膚再生を促進する強い作用があることが明らかになってきました。この作用を利用して、III型コラーゲンを豊富に肌に注入し、文字通り赤ちゃんの肌のようなハリやツヤを取り戻すのがベビーコラーゲンです。

施術時間の短さと副作用の心配が少ない手軽な施術

ベビーコラーゲンは注射を打つだけの治療法のため、治療時間はごく短くて済むうえ、何度も通院する必要はなく一度の通院で治療が完了します。また、施術から数時間後にはメイクが可能であり、すぐにいつも通りの生活に戻ることができるため、周りの人に気づかれることもないでしょう。

ベビーコラーゲンに含まれるコラーゲンは、ヒトの胎盤から抽出した天然成分なので他の薬剤注入系の治療法に比べても肌への負担が軽く、注射後に腫れることはほぼありません。注射時は髪の毛ほどの細さの極細針を使用するクリニックがほとんどであり、施術時の痛みも少なく、どなたでも気軽に試せる安全性の高い美容法と言えるでしょう。

ベビーコラーゲンの施術・費用相場

大阪での治療費用相場

100,000円~250,000円(1㏄)

治療時間とダウンタイム

治療時間:約10分
ダウンタイム:ほとんどありません

費用相場の特徴

ベビーコラーゲンは高い効果が期待できる有効性の高い治療法であり、ヒト由来のコラーゲンを使用するため安全性も確認されているのが特徴です。しかし、その代わり費用は高め。他の注射系のメニューが数万円台であることを考えると、少し勇気が必要な価格帯かもしれません。

治療時間に関する特徴

一度注射で全て完了するため治療時間はとても短く、また痛みも軽いのが特徴です。肌に本来含まれる天然の成分を注入するだけなので、腫れ上がったり赤みが出たりといったダウンタイムはほぼありません。時間のない方でもトライしやすい治療法です。

こんな人におすすめ!ベビーコラーゲン

  • 目尻・まぶた・目の下など、目の周りのしわにお悩みの方。
  • 額や口元などのちりめんじわや、浅いしわ、ほうれい線を解消したい方。
  • 首のしわを消し、若々しいデコルテを取り戻したい方。
  • 化粧ノリの良い、20代のようなピンと張った素肌になりたい方。
  • 効果の高い治療を受けたいけれど、ダウンタイムが心配な方。

ベビーコラーゲンは肌の浅い部分に刻まれた細かいしわの解消に特に効果を発揮する治療法です。そのため、目の周り・口周りの小さなしわや、ちりめんじわ、首のしわなどの解消には最適。一方で、肌に水分を含ませてふっくらとさせる作用もあるので、深めのしわであるほうれい線にも適用できます。また、ダウンタイムがない点も魅力です。

ベビーコラーゲンのメリット・デメリット

メリット

目の周りや口元などの小さなしわに対応

コラーゲンは元々肌に含まれる天然成分であるため肌とのなじみが良いのが特徴。他の注射系の治療では、目元や口元などの皮膚が薄い部位に注入すると薬剤がぼこぼこと浮き出て目立ってしまうことがありますが、肌となじみやすいベビーコラーゲンではそのようなことはほとんどありません。細かい部分にピンポイントで注入して効かせることができるため、小さなしわの解消に効果的です。特に表皮付近の肌の再生に有効なため、浅いしわの治療に向いています。

施術が目立たずなじみやすい

ベビーコラーゲンで注入する液剤の色は肌となじみやすい色です。ヒアルロン酸など他の薬剤を注入した場合、皮膚が薄い部位に浅く注入すると薬剤の色が透けて、青白く浮き上がって見えることがありますが、ベビーコラーゲンでそのような現象が起きることはほとんどありません。また、注入に使用するのは髪の毛ほどの細さの極細針です。傷跡ができたり内出血が起こったりする可能性も低いため、施術を受けたことが他の人にバレづらい治療法と言えます。

しわの解消ではなく肌そのものにハリが

肌再生に深く関わるIII型コラーゲンは、年齢を重ねるごとに減少し、I型コラーゲンに取って代わられてしまいます。ベビーコラーゲンは、そんなI型・III型のコラーゲンを赤ちゃんの頃と同じ比率で配合したもの。そのため、肌に注入するとまるで肌が赤ちゃんの頃を思い出したかのように潤いを取り戻し、疲れた肌がふっくら柔らかい肌質へと変わっていきます。単にしわをなくすというよりも、肌そのものに自然なハリを取り戻すための治療法と言えるでしょう。

デメリット

深いしわには対応できない

浅めのしわの改善を得意とするベビーコラーゲンですが、その反面、ほうれい線やゴルゴライン、マリオネットラインのような深く刻まれたしわの治療には少し弱いのが難点です。肌にボリュームを持たせる効果があるため、これらのしわに対して若干の改善は見られますが、コストパフォーマンスを考えると他の治療法のほうが適しています。

溶かす薬剤がないのでやり直しがきかない

注入後の結果が気に入らなかった場合、ヒアルロン酸注射であれば、ヒアルロン酸を溶かす薬剤(ヒアルロニダーゼ)を注入すれば元に戻すことができます。しかし、ベビーコラーゲンは溶かす薬剤がないため、失敗しても結果を取り消すことができません。コラーゲンが体に自然に吸収されるまで待つ必要があります。

ベビーコラーゲンの注意点

施術を受ける前に覚えておきたい注意点

献血ができなくなります

十分に安全性が確認された治療法ではありますが、ヒト由来の成分を注入するため感染症のリスクを完全にゼロにすることは不可能です。そのため、注射を受けた以後は献血を自粛しなければなりません。これはプラセンタ注射などの他のヒト由来成分の注射でも同様です。

注射回数が多い

1ヶ所にまとめて液剤を注入するのではなく、ごく少量ずつ打って広くなじませていくため、何度も注射針を抜き差しします。注射が苦手な方にとってはストレスを感じるかもしれません。ただし、使用する注射器はほとんど痛みのない極細針タイプのものです。

持続は最大半年ほど

効果の持続期間は3~6ヶ月。効果が切れる頃には再度注入を行う必要があります。費用がやや高額であることも踏まえ、継続した場合の費用の総額を事前によく検討しておくと良いでしょう。ただし、繰り返し注入を受けることによって持続期間が長くなるとも言われています。

施術を受けた後の注意点

内出血に注意

普通の太い注射針に比べて起こる確率は非常に低いですが、やはり何度も注射を打つため、ごく小さな内出血が起きることがあります。これは約1週間で消える程度の軽いものであるため、もし起こったとしてもファンデーションやコンシーラーで隠すことが可能です。

注射後にぼこぼこと腫れることも

通常は注入した部位がわずかに盛り上がる程度ですが、まれに皮膚が薄い方の場合、注入した跡が米粒のようにぼこぼこと盛り上がって見えることがあります。医師の技術力次第で仕上がりが変わってくるため、実際に施術した症例写真などを見せてもらい慎重に検討すると良いでしょう。

ベビーコラーゲンの口コミ

以前目の下にヒアルロン酸注射をした時、薬剤がポコッと盛り上がって見えたのが不満でした。今回ベビーコラーゲンを受けてみると、小じわやたるみは期待通り気にならなくなり、心配していた皮膚の盛り上がりも起こらず、とても満足いく結果となりました。本当にナチュラルな感じで若返れたと思います。ぜひまたリピートしたいです。

目の下、目尻、マリオネットラインに注入しました。私の場合、目の下は入れてからすぐに効果が実感できました。目尻のしわは自覚できるほどの違いは出なかったのですが、術前の写真と比べると違いがよくわかります。費用は高いですが、結婚式など大切なイベント前の特効薬として使うと優秀だと思います。

涙袋の下あたりのしわを解消したくて注入しましたが、私の皮膚が特別薄かったせいか、不自然にぽっこりと膨らみができてしまいました。担当医に相談すると、「分解する薬剤がないので自然に吸収されるのを待つしかない」とのこと。今回は残念ですが、目立たなくなるまでメガネをかけてごまかして過ごそうと思います。

大阪の美容皮膚科を大特集!
自分史上最高の美肌を目指そう

大阪の美容皮膚科を大特集!
自分史上最高の美肌を目指そう