大阪美容皮膚科選ぶコツ

TOP » アンチエイジングなら大阪の美容皮膚科 » 医療機器によるアンチエイジング » QスイッチYAGレーザー

QスイッチYAGレーザーが受けられる大阪の美容皮膚科

QスイッチYAGレーザー

2つの波長の使い分けでメラニンを破壊!さまざまなシミを除去

QスイッチYAGレーザーとは

特殊なレーザー照射メカニズムにより、一般的なシミはもちろん、肝斑、そばかす、太田母斑(青あざ)などさまざまな症状に対して有効なQスイッチYAGレーザー。出力を弱め広範囲に照射するモードを使用すれば、肝斑の除去や毛穴の引き締めにも効果が期待できるとあって、人気のレーザー治療法です。

レーザーでは治療が無理と言われたシミにも対応

レーザーを用いたシミ除去では、レーザーの波長によって消せるシミと消せないシミがあります。これまでのレーザー機器は1種類の波長しか出せなかったため、消せるシミの種類にも限りがありました。

QスイッチYAGレーザーは、皮膚の真皮に効果を及ぼす1064nm、表皮に効率よく照射できる532nmの2つの波長を使い分けられるマシン。これによって、シミの色素が存在する位置が深いものから浅いものまで、さまざまなタイプのシミに対処することが可能となりました。たとえば、30代後半以降の女性によく見られる肝斑です。これまでレーザー機器での治療はできないと考えられていましたが、QスイッチYAGレーザーなら改善が期待できます。

ピンポイントでシミを除去

QスイッチYAGレーザーは消したいシミの部分にだけ、ピンポイントでレーザーを照射することができます。シミの周りの皮膚を余計に傷つけることがないので、出血や傷など皮膚へのダメージも最小限で済む点が特徴です。

また、強いパワーを当てられるおかげで照射回数も少なくて済み、簡単なシミ除去であればたった1回の施術で完了します。長い期間をかけて何度も通院しなくてはならなかった従来のシミ除去に比べ、格段にチャレンジしやすくなったと言えるでしょう。ほかのレーザー治療機器で効果が得られなかったシミも、QスイッチYAGレーザーなら治療できる可能性がありますので、一度試してみる価値は十分にあります。

QスイッチYAGレーザーの施術・費用相場

大阪での治療費用相場

3,000円~30,000円(1回・照射範囲の大きさによって異なる)

治療時間とダウンタイム

治療時間:5~20分程度
ダウンタイム:かさぶたになる期間が数日間あります

顔全体でなくピンポイント治療のため安価

照射する範囲の大きさや、照射の回数によって金額は上下するので、詳しくはカウンセリングにて医師に尋ねてみてください。美肌やリフトアップを目的とした照射型メニューは顔の広範囲や全体に施術するケースが多いことから、費用が高額となりがちです。一方、QスイッチYAGレーザーはシミ除去を目的としたピンポイントでの施術がメインとなるため、一般的に治療費はかなりお手頃です。

テープの貼り付けやかさぶたができるのが少し面倒

施術時間は照射範囲によっても異なりますが、およそ5~20分です。照射後には肌の保護のために肌色のテープを貼ります。やがて照射部位にかさぶたができますが、剥がれ落ちるまで1~2週間はかかるでしょう。テープを貼ったりかさぶたができたりする点がやや面倒なので、ダウンタイムはほかの治療に比べて少し長いと言えます。ただし、ダウンタイム中もメイクはテープの上から普段どおり行って構いません。

こんな人におすすめ!QスイッチYAGレーザー

  • ほかのレーザー治療ではシミが消せなかった人
  • 何をやっても消えない肝斑をなんとかしたい人
  • シミ・そばかす・あざ・黒ずみ・刺青などを消したい人

マシンの特質上、治療できる症状の種類に富んでおり、普通のシミからそばかす、タトゥーまであらゆるお悩みに対応できます。特に、有効な治療法が少ない肝斑にもアプローチしてくれるのは大きな強みです。ほかにも、レーザーによって肌の老廃物を除去し、毛穴の開きやくすみなどを改善して肌質を向上させる効果も期待できます。

QスイッチYAGレーザーのメリット・デメリット

メリット

薄いシミなら1回で改善されることも

メラニン色素が深い所に存在する後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)や、太田母斑(青あざ)の除去、刺青の除去などは数回の治療が必要となるケースがほとんどです。ただし、皮膚のごく浅い部分に色素がある老人性色素斑(シミ)やそばかすであれば、一度の治療で綺麗になる可能性があります。シミの種類にあった的確な波長で照射できる、QスイッチYAGレーザーならではのメリットです。

肝斑や肌のくすみにも効果が期待できる

肝斑は不適切なレーザー治療やフォトフェイシャルを行うと、刺激により症状が悪化してしまうことがあるため、長い間従来の治療では治せないとされてきました。QスイッチYAGレーザーでは、レーザーの出力を下げて、ビームの出し方をピンポイントでなくフラットなタイプに切り替えて肌への刺激を軽減。安全な肝斑やくすみの治療を可能にしています。

真皮層への刺激で肌質の改善も期待

期待できる効果はシミ除去だけにとどまりません。QスイッチYAGレーザーで使用できる2つの波長のうち、そのひとつである長波長レーザーがポイント。このレーザーの発する熱が真皮層を刺激することによって、肌の活力が増し、肌質を若々しく改善する効果も大いに期待できるのです。ニキビ肌を改善したい人、肌のキメやツヤを改善したい人、みずみずしさやハリを取り戻したい人など、患者のニーズに合わせて照射の強さや範囲を調整し、的確な治療を行うことになります。

デメリット

ダウンタイムが長い

照射後は患部をテープで保護しなくてはならなかったり、患部にかさぶたができたりと、ダウンタイムは何かと手間取られます。このためお仕事をしている女性にはややハードルが高いのが難点でしょう。かさぶたが取れたあとも、炎症や色素沈着を防ぐため日焼けには十分注意する必要があります。

炎症後色素沈着に注意

皮膚に炎症が起き、薄くなるはずのシミが一時的に濃くなることがあります。これは炎症後色素沈着と言い、黄色人種の半数程度で起こるありふれた症状です。炎症後色素沈着は6ヶ月~1年で薄くなりますが、クリニックによっては改善のためハイドロキノンやトラネキサム酸などの薬をアフターケアとして処方する場合があります。

QスイッチYAGレーザーの注意点

施術を受ける前に覚えておきたい注意点

シミによっては効果を感じづらいことも

ほかのシミ除去治療と同様、1回の照射ではうまく施術が完了しないことがあります。また、照射の出力が弱く抑えられている場合も思ったような変化は感じられないかもしません。医師と相談しながら治療計画を練り直す必要があるでしょう。

治療後赤みが出ることがある

治療後、照射部位に赤みが出ることがありますが、通常は遅くとも数時間程度で消えてなくなります。必要であれば施術直後からメイクでカバーしても構いません。

医師の技術に左右される

消したいシミがどれくらいの濃さ・深さなのかを正確に見極められなければ、正しくレーザーを照射することもできません。照射がうまくいくかどうかは、医師の経験とセンスにかかっています。シミ治療経験の豊富なクリニックを選んでおくと良いでしょう。

施術を受けた後の注意点

保湿ケアを重点的に

レーザーで熱を浴びると肌は乾燥にさらされます。施術後は化粧水や保湿クリームで入念に保湿するようにしましょう。

紫外線対策は厳重に

紫外線を浴びると肌でメラニン色素が生み出され日焼けするのと同様に、シミも紫外線によってできやすくなります。健康な皮膚であれば少しくらいの日光は問題ありませんが、レーザー照射直後の防御力が弱まった肌にとっては少しの日光も強い刺激となり、シミの原因になりかねないでしょう。
患部に日焼け止めをこまめに塗るのはもちろんのこと、長袖を着る、日傘や帽子を使用する、サングラスで目から入る紫外線も防ぐなど、対策を万全に行ってください。

肌への刺激は避ける

レーザー照射後の肌は非常に繊細なので、ささいな刺激も新たなシミを引き起こします。特にスクラブ洗顔やピーリング石鹸など、刺激の強いコスメは医師の許可があるまで使用しないようにしましょう。また摩擦も肌への大きな負担となりますので、洗顔時やタオルで顔を拭くときはゴシゴシこすらず、優しく触れるように気を付けます。

QスイッチYAGレーザーの口コミ

来院から退院まで、メイクも含め1時間程度で終わりました。施術時には思わず声が出てしまうくらいの痛みがありましたが、耐えられないほどではなかったです。直後も少しヒリヒリ感が残ったものの、半日もすれば違和感はなくなりました。これからシミが消えていくのが楽しみです。

照射の瞬間はチクッとする感じがありましたが、照射後に患部を冷やしてもらうとすぐに痛みはなくなり、かゆみなども残りませんでした。現在はまだテープで保護している状態です。事前に聞いていたとおり少し色が濃くなっていますが、これから消えていくそうなので期待しています。

施術直後はやや黒くなっており、1週間後に保護テープを剥がしたとき、かさぶたが一緒に剥がれ落ちました。その後、少し赤みを帯びた色に変化して驚きましたが、これがごく普通の経過のようです。完全に色が取れて綺麗になるまでもう少しかかりますが、それまでケアを頑張りたいと思います。

QスイッチYAGレーザーが受けられる
大阪の美容皮膚科

QスイッチYAGレーザーで治療できる大阪の美容皮膚科をご紹介します。大切な体を預ける場所なので、安心できるかどうかが決め手の一つです。各クリニックの治療例などを見て、自分が信頼できるところを選びましょう。

高須クリニック 大阪院

改善に適した症状など、治療内容の詳細

QスイッチYAGレーザー治療では、消したいシミやあざの症状に合わせて出力を調整し、ピンポイントでレーザーを照射していきます。照射時に激しい痛みはなく、輪ゴムで肌をピンと弾く程度の感覚なので、痛みが不安で施術をためらっている方にもおすすめです。普通のシミやそばかす治療はもちろんのこと、複数の色が絡み合った大きなあざ「太田母斑」にも対応できます。治療対象部位は幅広く、顔だけでなく手の甲や腕などのパーツもOK。その人に合わせた治療で、どんなお悩みも解決へと導きます。

■治療の流れ

カウンセリング→麻酔クリーム塗布→医師と照射部位を最終確認→施術
※退院時、施術部位以外はメイク可能です。

■所要時間

20分程度

■治療費

レーザー(シミ・あざ) 1cm×1cm 10,000円
※外用薬の料金が別途必要です

高須クリニック 大阪院の公式サイトを見る

高須クリニック 大阪院に電話で問い合わせる

高須クリニック 大阪院についてもっと詳しく見る

リッツ美容外科 大阪院

改善に適した症状など、治療内容の詳細

メラニン色素により効果の高いメドライトC6を使用しているため、皮膚へのダメージを最小限に抑えながらシミを小さくしていきます。特に、紫外線や加齢に伴うシミに効果を発揮。QスイッチYAGレーザーは2種類の波長を持っているのが特徴で、皮膚の深さに適した波長で照射することにより、高い安全性が期待できます。短時間でシミのレーザー治療を行いたい方や、タトゥーを消したい方にもおすすめです。

■治療の流れ

治療箇所のクレンジング→治療箇所を冷却しレーザー照射
※照射後は7~10日間ほど、軟膏+テープで照射部分を保護します。

■所要時間

詳しい記述がありませんでした。

■治療費

メドライトC6 QスイッチYAGレーザー 5,400円から

リッツ美容外科 大阪院の公式サイトを見る

リッツ美容外科 大阪院に電話で問い合わせる

リッツ美容外科 大阪院についてもっと詳しく見る

つかはらクリニック

改善に適した症状など、治療内容の詳細

つかはらクリニックでは、シミを徐々に浮かせて除去するQスイッチルビーレーザーを使用。徹底的にカウンセリングを行い、患者が悩むシミの種類や深さ、濃さを見極めたうえで治療法を決定します。そのため、レーザー希望であっても、シミの種類によってはピーリングやイオン導入、内服薬などをすすめることも。それぞれの患者の症状に適した、オリジナルの治療を受けられるのが特徴です。「扁平母斑」、「異所性蒙古斑」、「太田母斑」、「外傷性色素沈着」については保険適用となります。

■治療の流れ

ホームページや電話から予約→カウンセリング→目を保護するゴーグルをつけレーザー照射
※処置後はメイクをして帰宅できます。

■所要時間

詳しい記述がありませんでした。

■治療費

5ショット以下:15,000円/1cm(10ショット):30,000円/2cm(20ショット):60,000円/3cm(30ショット):90,000円

つかはらクリニックの公式サイトを見る

つかはらクリニックに電話で問い合わせる

つかはらクリニックについてもっと詳しく見る

大阪の美容皮膚科を大特集!
自分史上最高の美肌を目指そう

大阪の美容皮膚科を大特集!
自分史上最高の美肌を目指そう