大阪美容皮膚科選ぶコツ

TOP » 美容に効果的なオトナの美活 » 冷えが引き起こす「むくみ」は簡単な方法で改善できる!

冷えで起きたむくみは簡単な方法で改善できます。

寒さがむくみを呼んでくる!冬とむくみの関係

脚をマッサージする女性

冬も本格的になり寒さも少しづつ厳しくなっていますが、寒くなると多くなるのがむくみです。むくみは一年を通して起きてしまいますが、特に冬になるとむくんでしまうことが多くなります。冬場のむくみの原因は主に2つありますが、どちらの原因も冬特有の環境によるものです。

むくみの原因1.体温の低下

冬は気温が下がり、寒くなります。寒い環境では生き物も体温が下がり、私達人間も例外ではありません。寒い環境下に長くいれば、それだけ体温も低下していきます。

この体温の低下がむくみの原因の1つです。冬の寒さは体の冷えを招き、その影響で体温が下がり代謝も低下します。すると血液やリンパ液の流れも滞ってしまい、主にふくらはぎを中心に滞ったリンパ液や血液が原因でむくみが起きます。

冬は顔などにもむくみが起きることがありますが、これも代謝の低下によりリンパ液や血液が滞ることで発生します。

むくみの原因2.水分の不足

水分の不足も冬場のむくみの原因です。寒くなると、夏場のように汗を流すことが少なくなりますが、冬場も水分はこまめに摂る必要があります。

夏場のように汗はかかなくとも、呼吸などで体の水分は想像以上に失われているので、十分な水分補給をしないと代謝に悪影響を及ぼします。十分な水分が体に無いと、老廃物の排出が上手く行われなくなり、結果として脚を中心としたむくみの原因となってしまいます。

各医療機関でも、冬場の冷えからくるむくみについて注意喚起がなされています。冷えがむくみを引き起こすことは、医学的にもはっきりしている事実なのです。

冬場のむくみには水分補給と保温、運動、加圧で解消

冬場のむくみを解消するには、3つの方法があります。1つは保温、もう1つは運動、そして最後の1つが加圧です。どの方法もかんたんで効果的なので、ぜひ試してみてください。

ただし、前提として十分な水分補給がされていることが条件なので、こまめな水分補給をした上で実行してみてください。

温めてむくみを解消

体の冷えは代謝の低下を招き、むくみの原因となってしまうので、体を温めて維持する保温が有効です。体はあたたまると代謝も活発になり、血流やリンパ液の滞留を防ぐことができます。血液やリンパ液は溜まるとむくみの原因になりますが、スムーズに流れれば溜まらず、老廃物も流してくれるのでむくみにくくなるのです。

加圧で強制的に体液を流す

ふくらはぎは第二の心臓と言われているほど重要な部分で、動かすことで血液やリンパ液を心臓に送り返す役目を持っています。しかし、長時間座るなどで動きがないと、体液が溜まってしまいむくみの原因となります。

ふくらはぎにゆるい圧力を掛けた状態を維持すると体液が溜まりにくくなるので、市販されている加圧性能をもった長めの靴下やストッキングを履いて、圧力で強制的に体液の循環を維持すると、むくみが起きにくくなります。

運動で代謝促進

軽い運動は体温の上昇と代謝の促進効果があり、それだけで全身の体液循環を促進します。体温が上がり代謝も促進されれば、滞った体液が流れるので自然とむくみも解消されます。また、脚の筋力が向上すればそれだけ体液を心臓の押し返す力も強くなるので、むくみが起きにくくなります。

むくみを解消して冬場もすっきりシルエットを維持しよう

寒さが厳しく、コートやセーターで着太りしやすい冬。体のむくみを解消し、少しでも細いシルエットを維持したいですよね。むくんでるかも…と感じたら、ここで紹介したむくみ解消法をぜひ試してみてくださいね。

大阪の美容皮膚科を大特集!
自分史上最高の美肌を目指そう

大阪の美容皮膚科を大特集!
自分史上最高の美肌を目指そう