大阪美容皮膚科選ぶコツ

TOP » 美容に効果的なオトナの美活 » インナードライに負けない!正しいスキンケア対策

インナードライに負けない!正しいスキンケア対策

加齢の悩み、インナードライをスキンケアで乗り切るコツ

加齢の悩み、インナードライをスキンケアで乗り切るコツ

見た目にはテカテカとオイリーなのに、お肌の内部はカサカサしているインナードライ。加齢に伴ってインナードライが気になり出す人も少なくありません。インナードライはオイリー肌と区別がつきにくく、誤ったスキンケアでお肌を乾燥させてしまうこともあります。しっかりスキンケアをしているのにお肌の調子が思わしくない方は、インナードライの可能性あり。保湿を重視したスキンケアで乾燥を改善させ、みずみずしい肌をキープしましょう。

インナードライとは?

インナードライとは、肌の内部が乾燥している状態のこと。内側はカサカサでも、肌の表面はテカテカしているため、乾燥肌だと気づきにくいのが特徴です。特に夏は皮脂や汗の分泌が増えてしまい、お肌が潤っているように見えるかもしれません。しかし実際には紫外線でダメージを受けるうえに、冷房で乾燥してインナードライを悪化させてしまうことも。

皮脂が気になるあまりあぶらとり紙で拭き取ったり、オイリー肌用の化粧水を使ったりすると、さらに悪化します。スキンケアをしているのにベタベタが取れないとお悩みの方は、インナードライを疑ってみましょう。

オイリー?内側はカサカサかも

インナードライの厄介なところは、オイリー肌との見分けがつきにくいところ。表面がテカテカしているため、内側が乾燥していることに気づきにくいのです。また汗をかいていると肌が潤っているように感じますが、汗は大事な皮脂膜を流し、水分蒸発を加速させてしまいます。

ニキビが気になる人も、じつはインナードライかもしれません。というのも、インナードライの状態になると肌の水分が蒸発しやすく、内側がボロボロになって、ゴミや細菌などが入りやすくなるためです。これによりニキビが発生し、オイリー肌だと勘違いしてしまう方は多くいます。

皮脂対策は逆効果?!
インナードライをオイリー肌だと思い込み、皮脂を取り除くケアを行うと、インナードライをさらに加速させてしまいます。皮脂が出てくるのは、肌の内部が潤いを閉じ込めようとする働き。皮脂を取れば取るほどまた多量の皮脂が分泌されるという悪循環に陥ります。また強い洗顔料で何度も洗顔すると肌の保水力が下がり、より乾燥することに。あぶらとり紙で皮脂を拭き取るのも摩擦で肌を傷めてしまい、余計に乾燥します。

インナードライ対策に効くスキンケア

オイリー肌と見分けがつきにくいインナードライ。皮脂を取り除くスキンケアが不適切ということは、どんな対策を行ったら良いのでしょうか?重視したいのはしっかりとした保湿。肌内部の潤いを守ることで、インナードライは快方に向かいます。正しいスキンケアの方法を知り、肌状態を改善させていきましょう。

しっかりと保湿
インナードライを見た印象はオイリー肌に近く、あまり保湿を重視していなかった人もいるかもしれません。しかし、肌内部の乾燥を改善するためには徹底した保湿ケアが必要です。これまであぶらとり紙で皮脂を取っていた人は、ティッシュで軽く押さえる程度にします。スキンケアの際は不要な角質を取り除き、ホットタオルで毛穴を開いてから化粧水をつけると浸透が高まるのでおすすめ。手ではなくコットンを使い、たっぷりなじませるようにしましょう。週に一度はローションマスクをして、肌の奥までたっぷり水分を届けることが重要です。
水分を守るために油分を補給
ベタつきが気になって乳液やクリームをつけないでいると、肌から水分が蒸発しやすくなります。スキンケアの最後には、保湿クリームで水分にふたをしてあげましょう。化粧水や美容液が乾かないうちにクリームを塗るのがポイント。それでもベタつきが気になる場合は量を調節したり、クリームの種類を変えたりすると良いでしょう。
洗顔にも要注意

インナードライが気になる方は洗顔方法も見直してみてください。特に、こすりすぎは乾燥肌の原因になります。ゴシゴシ洗わずに軽く流すようにしましょう。血行促進のためのマッサージも、ときには摩擦によって肌を傷めてしまうことがあります。

また洗顔料にも要注意。スクラブが入った洗顔料や、洗浄力が強い洗顔料は肌の水分や必要な油分まで奪ってしまいます。表面の皮脂を流すために、洗顔回数を増やすのも禁物。熱いお湯は乾燥を早めるので、30度~35度のぬるま湯で行いましょう。

  • 洗顔~スキンケアまでの時短を
    洗顔からスキンケアまでの時間は短ければ短いほど理想的。洗顔後は肌が無防備な状態になるので、水分は蒸発しやすくなっています。洗顔から1分以内には化粧水をつけ、美容液を塗り、最後にクリームでふたをするようにしましょう。顔全体につけたら、成分を封じ込めるイメージで手のひらで包み込むとより効果的です。

正しいスキンケアでインナードライを解消

インナードライの原因や対策についてご紹介しました。オイリー肌だと思い込んでいたけれど、じつはインナードライだったという方も少なくありません。皮脂を取り除いてもベタベタが気になる人は、肌の内部が乾燥してカサカサになっている可能性があります。これからは皮脂を取り除くのではなく、水分を補うスキンケアを心がけてみましょう。

大阪の美容皮膚科を大特集!
自分史上最高の美肌を目指そう

大阪の美容皮膚科を大特集!
自分史上最高の美肌を目指そう