大阪美容皮膚科選ぶコツ

TOP » 悩みで美容皮膚科の治療を学ぼう » 女性薄毛・AGA治療

大阪の美容皮膚科で女性薄毛・AGA治療しよう。症状別の治療法をご紹介

薄毛・AGA治療が受けられる大阪の美容皮膚科

大阪の美容皮膚科で行われている薄毛・AGA治療を調査しました。お悩みの種類は同じでも、症状やクリニックによって治療法はさまざま。事前の予備知識としてどんな治療があるかをご覧ください。

シロノクリニック大阪

シロノクリニック大阪の女性薄毛・AGA治療の詳細

シロノクリニック大阪のレディース頭髪外来では、レーザー育毛や育毛メソセラピー、キレーション療法、プラセンタ注射・点滴、そして内服タイプの発毛促進剤をバランス良く組み合わせた治療を行っています。 中でも人気の育毛メソセラピーは痛みの少ない極細針を使用するとともに、オリジナルの冷却法で皮膚表面を冷やしながら施術するので、ストレスを感じずに治療することが可能となっています。

治療方法

レーザー育毛、育毛メソセラピー、キレーション療法、プラセンタ注射・点滴、内服タイプ

治療の流れ

カウンセリング→治療→治療後のケア→アフターケア

所要時間

要問い合わせ

治療費

1,000円(照射時間1分)~350,000円

シロノクリニック大阪の公式サイトを見る

シロノクリニック大阪に電話で問い合わせる

シロノクリニック大阪についてもっと詳しく見る

きぬがさクリニック 大阪院

きぬがさクリニック 大阪院の女性薄毛・AGA治療の詳細

きぬがさクリニックの特徴は毛髪再生医療「HARG療法」を取り入れていること。 幹細胞から抽出した栄養分を頭皮下に注入することで、失われた毛髪の再生を促します。 あわせて頭皮を真空状態に吸引し、古くなった皮脂や角質を除去する真空含浸を行えば、より効率よく薄毛をケアすることが可能です。

治療方法

真空含浸療法、HARG療法、内服・外用薬、単一植毛術

治療の流れ

カウンセリング→治療→アフターケア

所要時間

真空含浸:約90分

HARG療法:40分~1時間程度

治療費

HARG療法:1回あたり80,000円~110,000円

真空含浸:1回あたり12,000円~15,000円

外用薬:1,100円~10,000円

内服薬:15,000円

きぬがさクリニック 大阪院の公式サイトを見る

きぬがさクリニック 大阪院に電話で問い合わせる

きぬがさクリニック 大阪院についてもっと詳しく見る

高須クリニック 大阪院

高須クリニック 大阪院の女性薄毛・AGA治療の詳細

高須クリニックは「日本医療毛髪再生研究会」から認定を受けたクリニックとして、HARG治療を実施しています。 施術に使用する針は質の良い国産品だけを採用し、安全かつ痛みに配慮した治療を行うことが可能となっています。 使用する育毛メソヘアーカクテルはひとりひとりの薄毛の症状や原因に合わせて処方されるので、効率的な治療が期待できます。

治療方法

HARG療法、育毛メソセラピー

治療の流れ

カウンセリング→治療→アフターケア

所要時間

約30分

治療費

育毛メソセラピー:6回コース 300,000円~500,000円

HARG療法:1回120,000円~150,000円

高須クリニック 大阪院の公式サイトを見る

高須クリニック 大阪院に電話で問い合わせる

高須クリニック 大阪院についてもっと詳しく見る

大阪の美容皮膚科で美しく!
女性薄毛・AGA編

女性薄毛・AGAの治療が必要な症状とは?

髪の毛が細く柔らかくなってボリューム感が出ない、と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?女性の髪の毛に関する悩みの多くは、抜け毛が進む男性と違って、髪の毛がやせることにあります。でも、復活しない男性型脱毛症(AGA)と違い、女性はケアによって薄毛を改善できます。女性の薄毛には女性ホルモンが大きく影響していますから、女性ホルモンの分泌量が減って更年期症状が出始めたら、対策を考えた方がいいでしょう。

参考文献:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)|日本皮膚科学会

治療が必要な女性薄毛・AGAの症状の種類

女性の薄毛は、女性ホルモンのほかにも、過度なダイエットや頭髪のお手入れの仕方、ヘアスタイルなどが原因となることがあります。男性ホルモンも無関係ではありません。さまざまなタイプの薄毛と原因を紹介しましょう。

ホルモンバランスによるつむじハゲ

頭頂部付近にあるつむじの周りの地肌が広範囲に見えるのが、つむじハゲです。最も大きな原因は、エストロゲンという女性ホルモンの減少。エストロゲンは女性らしさをつくるホルモンで、女性の髪の毛が男性より豊かなのも、エストロゲンが髪の毛の成長を助けるからです。エストロゲンが減ると、髪の毛が弱々しくなってしまうことに。エストロゲンは加齢のほか、喫煙や不摂生な食生活、ストレスによっても減少し、産後は急激に減ります。

毛が細くなり前頭部から頭頂部が薄くなるFAGA

髪の毛は、毛穴の奥にある毛母細胞が分裂を繰り返して成長します。AGAは、テストステロンという男性ホルモンがジヒドロテストステロン(DHT)という別のホルモンに変化し、これが毛母細胞の分裂を抑えるために起きるのです。女性もテストステロンを持っているため、AGAからは逃れられません。女性のAGAをFAGAと呼びます。FAGAでは、髪の毛は抜けるよりも細く弱くなります。特に、前頭部から頭頂部にかけて薄くなりやすい傾向があります。

ダイエットなど生活習慣で始まる薄毛

毛母細胞は、毛細血管から栄養をもらって成長します。このため、血行が悪いと栄養が十分に届かず、毛をうまく作れなかったり成長が遅くなったりする原因に。髪の毛は約90%がケラチンというたんぱく質でできているので、ケラチンを増やすにはたんぱく質やミネラル、ビタミンをしっかり摂りましょう。過度なダイエットや睡眠不足など生活習慣の乱れが薄毛を引き起こすこともあるので注意が必要です。心身のストレスによってもホルモンバランスは乱れる恐れがあります。

ヘアスタイルで起こる女性に多い薄毛

女性の薄毛は、髪の毛の土壌である頭皮が原因になることもあります。例えば、同じ髪型を続けていると、分け目部分の細胞が紫外線によって壊され、毛母細胞の働きが弱まる恐れがあります。紫外線は髪の毛そのものにもダメージを与え、毛の色が薄くなって老けた印象を与えかねません。お団子やポニーテールのように髪の毛を束ねるヘアスタイルも、頭皮が引っ張られて負担がかかるので、ずっと続けるのは髪の毛の成長のためには好ましくないといえるでしょう。

手のかけ過ぎで起こる脱毛症

人間の皮膚は、表面の角質層が水分を保持し、毛穴につながった皮脂腺から出る皮脂が肌を覆って水分の蒸発を防ぎます。このようにしてうるおいと元気のある肌を保っているのです。しかし、シャンプーの回数が多かったり洗浄力の強いシャンプーを使ったりすると、皮脂を必要以上にとるため、逆に皮脂が過剰に分泌されて、抜け毛につながります。シャンプーのすすぎ残しや、パーマやカラーが原因になることも。女性に限ったことではありませんが、注意が必要です。

円形脱毛症

円形脱毛症は免疫機能が異常に働く自己免疫疾患です。よく知られているのは、プレッシャーや心配事があるとできやすい「10円ハゲ」。これもストレスによって免疫異常が一時的に起こっているとみられます。毛が抜けても、毛母細胞は生きているので、ストレスが解消されると比較的短期に改善するでしょう。よく見られる原因は、アトピー性皮膚炎やぜん息などのアレルギー性疾患によるもの。円形脱毛症の8割を占め、重症化することが多く治りにくいようです。

美容皮膚科による女性薄毛・AGAの治療法

髪の毛をつくる毛母細胞は、活動が衰えても死ぬことはほとんどなく、適切な治療で再び元気になります。食事や髪のケアを見直すとともに、治療によって頭皮や毛母細胞の活性化を図りましょう。薄毛とAGAの治療法を紹介します。

内服薬

AGAの治療では、男性にはフィナステリドという成分が入った「プロペシア」が使われますが、女性には使うことができません。特に妊娠中または妊娠の可能性がある場合は、胎児の発育に影響を及ぼす恐れがあるためです。代表的な内服薬が「ミノキシジル」です。血管を拡張し血圧を下げるため、高血圧の薬として使われていましたが、多くの研究で発毛効果があることが確認されました。円形脱毛症の場合は、軽度であれば抗アレルギー作用や抗炎症作用のある飲み薬を服用します。

外用薬

内服薬として紹介したミノキシジルは外用薬としても有効で、ほとんどの育毛剤に配合されています。塩化カルプロニウムもミノキシジル同様、血管拡張作用があり、女性にも用いてもよいとされる薬です。ただし、外用薬は、肌に合わないと頭皮が炎症を起こす可能性がありますので、注意してください。

育毛メソセラピー

発毛促進に効果のある「成長因子」を頭皮に直接注入するもので、各医院ではミノキシジルやフィナステリド、ビタミンなどを配合したものを使っています。注射器を使う方法と、レーザーや専用器具を用いる方法があり、M字ハゲや生え際に短期間で効果が現れるとされる方法です。内服薬よりもリスクが低く、育毛剤や外用薬と併用する場合もあります。

ハーグ治療

ハーグ治療は再生医療を活用したもので、一人一人に合わせて作ったHARGカクテルと呼ばれる薬剤を頭皮に局所注入する方法です。薬剤には成長因子が含まれており、細胞のもととなる幹細胞を刺激して毛髪サイクルを改善し、髪の毛の成長を促進します。どんな薄毛にも効果があるとされますが、効果が現れるまで時間がかかり、費用が高いのが難点です。

ステロイド剤

ステロイドは抗炎症作用や免疫抑制作用を持ち、アトピー性皮膚炎をはじめさまざまな医療現場で使われますが、増毛効果があるため、薄毛治療にも使われています。特に、円形脱毛症に効果的とされます。効き目は非常に強いのですが、その分、副作用も大きく、医師の治療や指導の下、適切に使う必要があります。

自毛植毛

植毛には自毛植毛と人工毛植毛があります。内服薬や外用薬で改善が得られない場合の治療法として、日本皮膚科学会のガイドラインでも認めている方法です。しかし化学繊維を使う人工毛植毛は感染症などのトラブルが報告されており、自毛植毛を勧めています。自毛植毛は後頭部などから髪の毛を採取して薄毛部分に移植する方法。切らないので痛みも少なく、施術も短時間で済み、日帰りも可能です。

大阪の美容皮膚科の治療相場

治療費相場:6,000円~200万円超も

治療法によって大きく異なります。しかも、1回では済まない治療法もあり、よく確認してください。安いのは内服薬・外用薬で6,000円~20,000円が相場。最も高いのは自毛植毛で、本数によって変わりますが、25万円くらいから200万円を超えるケースもあります。そのほかの治療法は7~15万円くらいが平均です。

大阪の美容皮膚科を大特集!
自分史上最高の美肌を目指そう

大阪の美容皮膚科を大特集!
自分史上最高の美肌を目指そう